2016年5月28日

真夏のビーチフォトは熱中症に気をつけて!


真夏の最高気温が32℃前後と、意外に高くない沖縄。
写真で見る爽やかなイメージと相まって、
「カラッとして過ごしやすい?」と思われがちですが・・
そんなことはありません!

強烈な日差しと湿気からくる蒸し暑さ。
寝不足、二日酔いのまま海へ行き、
気分が悪くなる方も多いのではないでしょうか。


暑さに慣れていない人や脱水症状のある人が、
「気温・湿度が高い、風が弱い、日差しが強い場所」でなりやすいと言われている熱中症。
楽しみにしていたビーチフォトも中止・・どころか、
症状によっては救急車で運ばれることにもなりかねません。


お客様の想像以上に、夏場のビーチフォトはハードなもの。
海での写真をたくさん残したい気持ちもわかりますが、

・日傘や帽子を持参する
・なるべく通気性の良い服を着る
・たくさん汗をかいたら水分と塩分を補給する
・気分が悪くなったら無理をしない

上記の点を心がけてください。

特に赤ちゃんは、体に熱がこもりやすいので注意が必要です。
ビーチ売店にはベビー用飲料を置いていないことが多いので、
持参して頂くと良いかもしれません。

楽しく安全にビーチフォトを進めるため、
皆さまのご理解・ご協力よろしくお願い致します。

熱中症については沖縄県公式サイトに詳しく解説されています。
ご参考にどうぞ。
予防が大切!!気をつけよう熱中症

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フォートカノア
https://ykanoa.com/

facebook 出張撮影のフォートカノア
instagram @fotokanoa

沖縄で家族写真を出張撮影している女性カメラマンです。
無理なく自然に撮っていくので、初めての方も安心してお任せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメントを投稿